暮らすうつわ とうもん   店主プロフィール
Todaysとうもん
とうもん  TOPへ

秋の気配に

 連日30度越えだったこちら香川もオリンピック終わったのと時を同じくして、まるで熱が冷めるように最高気温が29度くらいの日がやってきて、空も、少し高くなんだか秋の気配です。

この夏はお盆に高松にいたこともあり、お盆休みもせず、とうもんの発送をしました。
いつもは「お盆休み」などご注文が少ないのですが、今年は何故かとっても多く、夫と「みんな帰省や旅行せんと家でオリンピックでもみよってなかんじなのかなー」なんていってました。

夫いわく、この休み中に注文が多いとうもんの発送状況をみて
「安近短(アンキンタン)で反って金使うってパターンやなっ」ととっても失礼なことをのたまわっておりましたが、我が家は注文が多いことはとってもありがたく、せっせと発送したのであります。

そしてオリンピック。
「うちの夫はこんなにオリンピックに熱心だったのか」と思うほど、彼は、休み時間にテレビをつけ、帰ってきたらテレビをつけ・・・と野球やサッカー、水泳などやたらとみていました。
それはまるで大型テレビの前に群がるおっさん群のよう。
「それだけうちの夫もおっさん化してきたんだなー」と密かに思いました。

秋の気配をかんじると、うれしい食欲の秋、読書の秋。
おいしい梨もお義母さんから差し入れいただき、家族でムシャムシャ食べています。
本は、先日日曜日に図書館にいってきました。
雑誌で「ゲド戦記」について紹介されていて、興味をもったからです。
ぜんぜん知らなかったんですが、あのスタジオジブリのオリジナルと思っていたゲド戦記って、原作があるのですね。
映画「ロードオブザリング」の原作「指輪物語」みたいに話のモトとなっている海外の著作があるそうなんです。
早速、アマゾンで調べてみたら何冊も出ていて全何巻全部購入したら10000円近くに。
これは「図書館いかねば!」といった次第です。

まだぜんぜん読み始めてませんが、楽しみにしています。

とうもん  TOPへ

コープのふりかけ

 先日、6月から毎週1回ほどいっている子育てサークルのようなもの(正確にはNPO法人の子育て広場というものらしい・・・)にいったときのこと。

いつもは午後から参加するので、とくにイベントもなく自由に子供はおもちゃで遊んだりするのですが、その日は午後から乳児検診があったので午前中から参加してみる。

久しぶりに子供もご飯をみんなと一緒に食べる。前は、大勢で食べることになれてなかったからか、イヤー!!!とイヤイヤ炸裂で大変だったけれど、先日は広場の下のコープで買ってきたおかずもすんなりもぐもぐたべていた。

隣に座った女の子。たぶん幼稚園いってるくらいの子だと思われる。

女の子「あら。下でごはん買ってきたの?Yはね、ママがお弁当つくってくれたの。」
私   「ホントー、おいしそうねー」
女の子「あ、のりたまおむすび、一緒だねー」
私   「ホントー。のりたま、好き?」
女の子「うん、好き・・・」
     「あのねー。コープのふりかけはねー
     合成着色料も、化学調味料もはいってなくてね、無添加なの。
     とっても体にいいの。知ってた?」
私   「ホントー。ぜんぜん知らんかった。
     おばちゃんも今度かってみるね。」
女の子「無添加なの。無添加なの。とっても体にいいの。」

といっていた。
その後、Yちゃんのマンションはコミニュティー広場で映画上映会なるものがあるこじゃれたマンションであること、友達の金魚がすごく太っていて、ダイエットの方法を教えてほしいということetc・・・
ひたすら、手づかみたべをしてごはんやおかずをあらゆるところに撒き散らす子供を必死でちゃんと食べさせつつ、聞いていたとうもん。
あまりのおりこうなこの小さな女の子に感心してしまった。
親がきっとおりこうな家庭なんだろうなーなどと思いつつ・・・。

最後、ひとしきりお弁当を食べ終わったYちゃん。
「あのね、コープのふりかけだよ。無添加で体にいいし、のりたまとね、わかめとね・・・があるから。」と振り返り振り返り私に言い残して隣の部屋に遊びにいってしまいました。

きっと親が家でそういってるんだろうなーなどと思いつつ、家に帰って夫に話をしたら男二人兄弟の夫は「女の子ってそんなんなのかなー」とひとしきり感心してました。
うちの子もお話しだすとそうなのかしらん・・・

翌日、思わずコープのふりかけを見に行ってしまいました。

とうもん  TOPへ

高島大樹黒釉・粉引・白釉再入荷しました

 高島大樹さんの下記のうつわ再入荷しました。
今回はもうお取り扱いを辞めようと思っていた黒釉の輪花の大皿と中皿があまりにもお問合せが多いので久しぶりにお願いしてみました。
他、中皿などはご予約分にて多くなくなってしまい残り2,3客づつです。

e0130953_10484511.jpg
黒釉輪花大皿

e0130953_11104361.jpg
黒釉輪花中皿⇒在庫残2

e0130953_1111143.jpg
粉引輪花中皿>⇒在庫残3
e0130953_11113736.jpg
黒釉輪花豆皿

e0130953_1112936.jpg
粉引輪花豆皿

e0130953_11123385.jpg
白釉モール盛り鉢

e0130953_11125523.jpg
白釉ポット


まだ欠品している粉引のものは9月末予定です。

とうもん  TOPへ

白漆のタンブラーとカップ

e0130953_9442017.jpg

 以前、三谷龍二さんの「木のさじ」という本を読んだとき、白漆のうつわというのがでてきて、見たことなかったので「どんなのかなー」と気になっていた。

漆にしろの塗料を混ぜるんだけど、漆分は経年により透明さと赤みが増していくから、日々どうやって色がかわっていくのか、とっても興味がある。

先日、一和堂工芸にいったところ社長が「とうもんさん、これ、最近ようでるんよー」とオススメされたのがこの白漆のタンブラーとフリーカップ。
とってもカッコイイ。

よく焼〆のビアマグなどは釉薬がかかってない分、土の表面に空気を含んでいるから、ビールの泡が細かく、ベルベットのような泡となり、ビールがおいしい(人によっては泡だちすぎて好みでないという人もいるらしいが・・・)といわれますが、実は木のカップも同じ理屈で、木の表面に空気を含んでいるから、ビールがおいしいといわれるんだそうです。

いわれてみて納得。

よく、取引先などで夏季にアイスコーヒーなどだされて、どんどん外界の空気温との差で結露して、テーブルびちゃびちゃ、でも、打ち合わせが込み入って、なかなかアイスコーヒーに手がつけれず、テーブルも吹きたいし、気になる~!!!と思ったことありませんか?(私だけ?)

そんなときに漆のコップだと結露しないかも?と思い試してみたくなりました。

また、木のうつわは料理の温度を伝えにくいので、夏はもとより、冬の「焼酎お湯割」にもよさそうです。

試してみたくてしょうがないと早速家に帰って、晩ごはんとともに、ビールを。
なるほど、あわ立ちこまやかです。
また、夫に焼酎を水割りで飲んでもらって、感想をきくと

「うーん、同じ量飲んでもうつわが軽いからちょっとしか飲んでないみたいで、飲み足りないかんじがするー」ですって。
なるほど!と思いましたが、酒のみの理論っておかしいですよね。
「だからってもう1杯という話しにはならんでー」と思わず一言余計なことをいってしまいました。

この白というよりアイボリーというかんじの漆のカップたちどうやって、色がかわっていくのか楽しみ

白漆のタンブラーとフリーカップ次回更新予定です。

とうもん  TOPへ

お盆休み

 久しぶりにお盆休みを高松で過ごしました。
理由は単に「暑いから・・・。」
いつもなら実家に帰ってお寺にいったり、足を伸ばして信楽にいったりするのですが、道中の車での移動を考えると、チャイルドシートの中でいつもバケツの水をひっくり返したような汗の子供をみると、「涼しくなってからにしよう・・・」ということになりました。
とはいえ、香川県、余りの雨のなさに、とうとう貯水率20%ほどになり強制取水制限です。時間規制とかするくらい水がなくなったら実家に帰ろうと思っていますが。

そんなお盆休み。
お盆にどうなん?と禅宗坊主の孫としては、とっても躊躇したのですが、子供は1歳までに(3歳という説もあるらしい)塩水につけておくと、皮膚疾患に強くなるというので、家族で海に。
そう、あの映画ロケ地でもある庵治です。(世か中です)

当然、ビビリンチョの、わが娘は泣きまくり。
砂浜でも、このとおり「絶対足はつかない」といわんばかりに足を八の字にあげてとりあえず泣きまくってました。e0130953_1061814.jpg
かなり親ふたりはゲラうけしてしまいました。

車をとめた海沿いの道路の前は夫のヨット部の先輩Hさんの家の前。
帰ろうとしたくをしていると、Hさんが。声をかけると「おう、うーさん、Nもおるでー」と指差す海の上にはあのボート(ヨット?船?)で引っ張られてサーフィンみたいなボードにのるやつ、あれって何っていいましたっけ?ウインドサーフィン?違うな・・・とにかくそれでひっぱられている人がどうもHさんには見えるらしいが、我々にはさっぱりみえず・・・
「はー」というばかり。私は冬にしかHさんに会ったことがなく、普段から黒いなーと思っていたけれど、夏に会うとこんなに黒いんだ!というのとこんなところに住んでいたらやっぱり眼が相当いいんだ!と内心思いましたが、夫も「Hさん、めっちゃやっぱり目がいいんやな。全然みえへんし」と同じくいってました。
ちょっと日本人離れした黒さのHさんに別れをつげ親はアイスたべたべ、子供はバクスイで帰ったお盆休みでありました。
よく考えると、香川にきて、初めて海にきました。海の存在を忘れてましたが、車で10分、20分で海水浴できるんですね。


また、翌々日は「さぬき子供の国」というところに。
炎天下の中いってきました。ここはいつも夫を送っていく高松空港の近くで前から気になっていたんですが、子供のいない私たちには用がなくいくこともなく初めて今回足を踏み入れたところです。
YS-11(だったかな)とか昔の琴電の電車の車両などにもはいれ、中の展示私設も結構楽しく、夫も「これは30代、40代のお父さん心を鷲づかみや!」とかなり堪能したらしく、二人で思っていたより楽しかったねーと帰りました。子供がもうちょっと大きいといろんな工作教室とか参加できてもっと楽しいだろうと思います。
炎天下の中、テクテク歩きました。e0130953_10161231.jpg

子供の泣き顔写真があまりに好評でいろんな方に「笑っちゃいました」と笑いを提供しているようなので、またアップしてしまいました。が、一応、泣いていない写真もあります。はい。

とうもん  TOPへ

八木橋昇さんのうつわ価格改定のご連絡

 以前にも少しお知らせしましたが八木橋昇さんのうつわ、10/1より価格改定の申し入れがありました。価格は下記のとおりです。
それにあわせてアイテムも見直し効率的な作陶を目指されるそうで、完売後廃盤になるものもございます。あわせてご確認くださいませ。

八木橋昇さんのうつわ一覧
 

・窯で廃盤予定のもの
 
  粉引マット井戸茶碗(価格2,940円税込み・送料別)
   
  黄粉引飯碗大(価格2,310円税込み・送料別)
   

・在庫少なく売り切り予定のもの
   
  灰粉引刷毛たわみ6寸鉢(現価格3,465円税込み・送料別)
              新価格3,675円税込み・送料別)
   
  灰粉引筒急須(現価格7,350円税込み・送料別)
         新価格7,875円税込み・送料別)
       
  黒釉マグ(現価格2,415円税込み・送料別)
       新価格2,835円税込み・送料別)
   

  化粧C&S(現価格3,990円税込み・送料別)
       新価格4,200円税込み・送料別)
   

・その他のもの
  化粧6寸鉢(現価格2,730円税込み・送料別)
        新価格2,940円税込み・送料別)
   
   ⇒再入荷しました

  黒釉6寸鉢(現価格2,730円税込み・送料別)
        新価格2,940円税込み・送料別)
   
   ⇒再入荷しました

  黒釉6寸平皿(現価格2,625円税込み・送料別)
         新価格2,835円税込み・送料別)
   
   ⇒再入荷しました

  化粧5寸平小鉢(現価格2,205円税込み・送料別)
          新価格2,415円税込み・送料別)
   

  黒釉5寸平小鉢(現価格2,205円税込み・送料別)
          新価格2,415円税込み・送料別)
   

  灰粉引刷毛6寸ドラ鉢(現価格3,045円税込み・送料別)
             新価格3,150円税込み・送料別)
   

  灰粉引刷毛玉縁6寸皿(現価格2,625円税込み・送料別)
              新価格2,835円税込み・送料別)
   

黒釉ビアマグ(現価格2,625円税込み・送料別)
          新価格2,940円税込み・送料別)
   

とうもん  TOPへ

左藤玲朗 展

左藤さんから個展のDMいただきました。
これはこれは素敵な写真のDMです。この画像のうつわは一見、ガラスに見えないけれど、左藤さんの個展だから当然ガラスなんだろうなー、こんなの見たことないなーと興味津々。もしかして以前あったセピアの8寸かな。などなど考えつつ・・・

お近くの方は是非

□左藤玲朗展 
 2008.8.15~24 会期中無休 作家在廊日 8.15
 KOHORO 
 東京都世田谷区玉川3丁目

とうもん  TOPへ

そんな日もあるさ・・・

 昨日は5月からいっていた「産後のピラティス」の講座の最終日。
講座自体は続くけど、更新時期に1歳になっている我が家の場合は更新できず、新しいクラス(1歳から3歳)にかわることなったので、この赤ちゃんがたくさんいて楽しいクラスもこの日が最後。最初はぜんぜんお座りできる子が2人くらいしかいなかったのに、昨日はネンネの子が二人だけであとはみんな縦横無尽に動きまくるようになり、みんなで感慨深く話しました。

とはいえ、あと10日ほどで1歳と2ヶ月になるうちの子は、いつもは、親をかえりみず部屋中を移動して遊び、私は悠々と講座を受けることが多かったのですが、昨日は最後の最後、知恵がついてきたのか、最近、クーラーの部屋で寝かしつけるのに、お風呂上り、ハイテンションな子供を一応横に寝かして、和室で、子供の布団の横でひたすら「寝たふり」をして子供がぜんまい仕掛けのおもちゃが電池切れになって動かなくなるかのごとく、力尽きて、寝るまで、ひたすらひたすら寝たふりをしているので(夫が寝かしつけているときは完全に先に寝てますが)、ヨガマットの上に寝転んだ瞬間

「ほっとかれる」と思ったのか、急に泣き出し、どうにもこうにも、いけないかんじに。気をまぎらわそうと、ストローマグにはいったお茶を渡すと機嫌を取り直して、飲んでいたものの、うちの子は何故か、飲み終わったら、そのマグを親に渡さないと気がすまないらしく、昨日は渡そうとしたのに、私が、再びヨガマットに寝転んでピラティスに復帰していたのが、気に入らなかったようで、火に油をそそぐがごとく、どうしようもなく、泣き出してしまいました。

結局、抱っこして講座にもどれず、抱っこしたまま寝転ぼうとしても、ぜんぜんダメで、昨日は一日、講座の90分間、ほとんど何もできず・・・


こんな日もあるさ・・・

と自分に言い聞かせつつ、最後の講座を終えました。
なかなか月齢が進んでも、いろいろ新しいことやモノを覚え、いろんな「大変」があるもんです。

ちなみに爆笑だったのは、今朝、明け方に飲み会より帰ってきた夫は、子供の横で寝ていたら、明け方、何か硬いものを子供に握らされ、何だろうと思いつつ、睡魔に襲われていたのでそのまま寝ていたら、朝起きたら、手にしっかり子供の枕元においていたお茶のはいったストローマグを握らされていたそうです。

どこまでも渡さないと気がすまない性格なのだと朝起きて二人で爆笑してしまいました。

とうもん  TOPへ

河合正光・平田尚加展

 河合さんよりDMいただきました。

今年も奥様の写真家平田尚加さんとの二人展です。
平田さん、めっちゃ素敵な方でうちの夫も、実は「奥さんファン」の一人。サバサバしていてカッコいい。女性にカッコいい!と好かれるタイプの方だと思います。
夫も「奥さんめちゃくちゃ楽しい人やなー、おもしろかった。」と初めてお会いしたときには帰りながら楽しそうに話したくらいです。
是非ご夫妻の在廊日に伺ってくださいね。

場所はまた芦屋のクウさんです。

□河合正光・平田尚加 展
 2008/08/27~9/14 (月、火曜日休み)
 作家在廊日 8/30、9/6、9/13

 うつわクウ 兵庫県芦屋市西山町

とうもん  TOPへ

左藤さんのガラスボウルとアイスクリームカップ

左藤さんのガラス、我が家でも気に入っているボウル(Φ15)が制作中止になるそうです。

えっー。
急いで在庫をチェックしてみると、在庫残3客。WEBの在庫リストをみると残4客。
これはどちらが正しいのか・・・
入荷した際に我が家で使った分をひくのを忘れたのか、それともどこかに1客しまいこんでいるのか。。。

とりあえず在庫残り3客はあります。是非とものかたはお早めに。
e0130953_115544100.jpg

すごく使いやすいのに残念。

 また、アイスクリームカップも残り2客になりました。
人気で在庫がこの夏、もちませんでしたね。また、注文しておかねば・・・
きっと入荷は冬になることでしょうが。

こちらもこの夏、是非とものかたはお早めに。e0130953_11574354.jpg

とうもん  TOPへ


LINKS

検索

最新のコメント

鍵コメさま  承り..
by toumonblog at 11:50
 お問い合わせありがとう..
by toumonblog at 09:55
>gustar2013さ..
by toumonblog at 15:14
どれも素敵で どこにコメ..
by gustar2013 at 12:42
鍵コメ Nさま  ..
by toumonblog at 16:08
ミッキーママさん ..
by toumonblog at 15:59
初めまして。ミッキーママ..
by ミッキーママです at 05:52
mintさん  こ..
by toumonblog at 15:06
いつも楽しく拝見していま..
by mint at 17:12
すみれさん  こん..
by toumonblog at 10:45

最新のトラックバック

WORKSHOP☆涼を呼..
from 本日、吉日。
WORKSHOP☆春待ち..
from 本日、吉日。
梅酒づくり。
from 本日、吉日。
餃子食いてぇ
from ALL THE YOUNG ..
第3回フィールド オブ ..
from T Pottery Diary

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月